みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2017-11-29

【甘えん坊は計算なのか?!】末っ子あるあるランキング

「長子(長男・長女)あるある」「中間子(真ん中っ子)あるある」に続きまして、最後は「末っ子あるある」ランキング


長子・中間子よりも圧倒的に具体的なコメントが届きました、末っ子あるある。

みなさん末っ子に対して恨みでもあるのか…いや、むしろ愛されているのか…?!


あなたの周りの末っ子にもきっと当てはまる!?
てへぺろ☆ランキングスタートです!


第5位:誰にでも愛想がいい


「世渡り上手」
「愛想をよくしておけば何処へいってもやっていけると思っている」
「可愛いで育てられた」


「誰にでも愛想がいい」これはTHE・末っ子なイメージですよね。

しかし末っ子さんから言わせると、
「姉がやらかして去った後の後始末ばかりしていたので困らせる事が怖い。妹は要領がいいと姉から今も言われるが、今まで姉の好き勝手の結果を見届けて来たから自分は好き勝手できないと姉は知らない」なんてコメントもありました。


私も実は末っ子なので、このコメントも何となくわかります。

たとえば親戚に挨拶に行っても、兄弟で最後に挨拶するのはたいてい私(末っ子)。長子・中間子の愛想が悪いと、徐々に顔が固まる親戚。そこでとっさに空気を読んで、元気に可愛く挨拶してオチをつけるのが末っ子の役目…みたいなことって確かによくあるのかもしれません。


第4位:ずる賢い


「人を観察して、その人の喜びそうなことをするようにしている」
「上の兄弟の失敗から学んでいるから結局一番幸せを掴んでる」
「子供の頃喧嘩等した時は、弟は被害者を装い、いつも親に叱れるのは兄の自分でした」


4位は「ずる賢い」。

これも末っ子っぽいワードですよね。

上の子の失敗や成功を見て学び、真似てアレンジして、どんどんずる賢くなっていく…長子組にはまずできない手法です。まあ、親には大抵そのずる賢さがバレているんですけどねw。


トップ3は…